ミクシィ等色々な形の物が流行っていますが、ハマればハマる程、反対にネット内での人間関係に疲れてきて場合によったら辞めてしまったという話も聞こえてきたりします。
他にも、フェイスブックやツイッター等でもソーシャルメディアに疲れてしまったという人が増えています。
理由は、ソーシャルメディアを利用して販促をしているがまったく効果が出ないという悩みのために、逆にソーシャルメディアに対して不信感を抱いているのが原因のようです。
ソーシャルメディアが盛り上がりはじめてまだ1~2年、確かにソーシャルメディアを利用して売り上げが何倍にもなったという事例もあります。
実際にテレビなどのメディアは「ソーシャルメディアには無限の可能性が広がっている」とか「ソーシャルメディアで売り上げ○○」とか魅力的な言葉で言ったりしているからです。
全て初めから自分で考えてメディア制作できて、結果が伴えばラッキーですが、なかなか難しいと思います。
今は、苦手な人のために、専門の会社が代わりにメディア制作する事を企業内容として立ち上げたりしています。
どうせするなら、結果を出せるようにはじめからメディア制作を頼むのも良いと思います。
しかし、成功した事例の基本方針を真似る事は出来ても、二匹めのドジョウはいないと言うように、戦略まで流用してしまっても絶対に効果は出ないので注意が必要です。