北関東を襲った豪雨、キャンプ場では140人が孤立したら川では中州に取り残されました

このニュースの時も、気象予報の時でも大雨という言葉は使われるけれどゲリラ豪雨という言葉は使われませんよね

去年までは散々使われていたのにいったいどうしたのでしょう

ゲリラという言葉の印相が悪いから? 予報の精度が向上したから?

あれだけ使われていたのにほんと不思議です

ゲリラという言葉はいきなり来るという事から使われたはず

でもそれだけ身構えることが出来ないからなのでしょうか

心づもりがあればやっぱり被害も最小限度に抑えられるだろうし、逃げることだって考えますよね

どっちがいいのかわからないけれど、言葉の使い方も本当に変わってくるものなんですね

日本の気候がどんどん熱帯化しているからなんだろうけど

その内スコールなんてことも言われ始めるのかもw

山間部での入道雲による大雨、夏の風物詩だったけれど今では有難迷惑の代表

気候も言葉も変わってくるものなんですね

歯医者さん選びで大事なことは一体何でしょうか?

技術が優れているというのは当たり前の事ですから、やっぱり行きやすさでしょうね

駅に近いとか駐車場があるというのも大事な点ですね

しかし何といっても予約のしやすさでしょう

予約してその時間に行っても待たされてしまうなんてことになると、損をしたような気分になってしまいます

歯科 口コミ 塚口にあるにしうら歯科クリニックはそれが無いんですよね

逆に診療時間も短いから予約が取れやすいんです!

尼崎でのおすすめの歯医者さん、それはにしうら歯科クリニックですね